借金返済方法の債務整理

ギャンブル借金の返済方法:債務整理

 

ギャンブルで借金を作ってしまったときには、そのお金を全て借りた金融機関に対して返済しなくてはいけないのでしょうか。実は、そのようなことはなく借りたお金は全て返済しなくても良いのです。

 

これは、債務整理という法律によって認められていることです。借金をしているときには、確かにその借金を返済するために切り詰めた生活をしなくてはいけなくなることもあります。

 

しかし、少なくとも日本の憲法上ではそのような生活を強いられることは許されていません。どのような状況であってもまともな日常生活を送ることが許されているため、たとえギャンブルで借金を背負っていたとしてもそれを法律的な解釈によって実現することが可能になっているのです。

 

そのための便利な返済方法が、債務整理という手段です。この返済方法は、一つの手段から成り立っているわけではなく任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の四つの手段で構成されています。

 

これらの手段の中には、確かギャンブルによって借金を作ってしまった場合には利用できない手段が含まれています。例えば、自己破産はその典型で自己破産を利用するためには自身に非のないことを証明するための免責事由が必要になります。

 

しかし、民事再生などの手段はギャンブルで借金を作ってしまったとしても関係なく利用することができるため抱えている負債を出来る限り抑えることが出来るのです。

 

仮に、民事再生を利用すれば強制的に負債の総額を減額させることも出来るため非常に重宝する手段だと言えます。債務整理は、自己破産や民事再生に限らずどの手段を利用しても絶対に最終的に債務者の負債の負担を減らすことが出来るようになっているのです。

 

ギャンブルによって抱えることになった負債の総額にも依存しますが、状況に応じてどの手段を利用するかを専門の法律家に相談しながら考えることが賢明です。そうすることで、無駄な返済を無くして元の生活を取り戻すことが出来るようになるのです。