ギャンブルの借金は個人再生で返済できるか

ギャンブルのために作った多額の借金も個人再生で返せるのか

 

返済が出来ないほどの借金を抱えてしまったというような場合、その返済できない借金を抱え続けるということは非常に大きなリスクを持ちます。

 

例えば消費者金融から多額のお金を借り入れ、返済を待ち続けてもらったとしても利息は常に発生していきます。そうした状況が続けばさらに借金は大きくなっていきますから、債務整理をすることが必要です。

 

債務整理の手段によってはギャンブルによる債務整理が出来ないこともありますが、では個人再生の場合はどうかというと、これは基本的に適用させることが可能です。

 

これはどうしてかというと、個人再生において求められる条件は住宅ローンを除いた借金総額が5千万円以下であること、将来3〜5年の間に継続的に安定した収入を得る見込みがあること、そして債権者の数および債権額の半額以上で不同意がないの三つだからです。

 

これはよく利用される小規模個人再生の場合の条件ではありますが、これらの条件の中に、借金の理由を問うというような物は一つもありません。そのためギャンブルでできたものであったとしても債務整理をすることができるのです。

 

ただ問題になる点がいくつかあり、何よりも問題になるのが継続的に安定した収入を得る見込みがあるかどうかというところです。通常のサラリーマンなどの立場であればそうしたことは問題にならないこともありますが、アルバイトやパートと言った人だと若干立場は苦しくなりますし、また無職の人だとそれは収入がないとみなされてしまいます。

 

もしそうした状況で、収入が安定していないというように見なされてしまったのであれば、手続き自体が上手くいかないという恐れがあります。

 

債権者の同意というところは多くの債権者にとって、個人再生失敗は自己破産のスタートとなりますから問題にならないことが多いのですが、ギャンブルが理由であるとなると自己破産は認められませんから、不同意が発生する恐れも出てくることでしょう。

 

そのため制度的には適用できるものの、絶対に適用できるという保証がないということだけは事前に理解しておかなくてはならないのです。