借金依存症になる人の理由

ギャンブルの借金から始まる借金依存症

 

ギャンブルをしたさに借金をしてしまう人は、意外に多いようです。これはなぜかというと、ギャンブルでは一獲千金とか大当たりが望めるからです。つまり多少借金があっても、当たれば一度で返済できるからという理由で、生活費などの理由で借りる人が多いわけです。

 

しかし、ギャンブルというのは一種の依存症ともいえます。つまり、当たらなくても今度は当たると思ってまた使う、足りなくなったらまた借りる、その繰り返しで、雪だるま式に借金だけが増えて行くこともあります。

 

また、当たりはしたものの少額で、とてもそれだけでは借金を返済できない場合も、大当たりするまで何度も挑戦しようとギャンブルをし続けて、結局首が回らなくなってしまい、債務整理をしなければならなくなることもしばしばあります。

 

しかしギャンブルでお金を借りた場合は、債務整理が難しくなることもあります。つまり生活費など、やむをえない理由の場合はまだしも、ギャンブルの場合は遊び目的であり、生活に必ずしも必要な物ではありません。

 

そうなると、特に自己破産の場合は、ギャンブルが目的である場合は免責が下りないことがあります。免責が下りないとどうなるのでしょうか。それは、全額返済しなければならなくなるということです。

 

もし免責が下りた場合でもギャンブルが忘れられず、ついブラックでも融資してもらえる金融機関に手を出してしまいがちなのですが、それをすると後で面倒なことになりますので、絶対にやらないようにしましょう。お金がないから、ギャンブルで一獲千金を狙いたくなる気持ちはわかります。

 

しかし、そのために借金するのは本末転倒です。借りたお金でやるのではなく、自分の収入でやりくり出来る範囲内のお金でするのが、やはり本来のあり方なのです。

 

そして、ギャンブルを依存症にしないためには、まず限度額を決め、何度やっても当たらない場合はいさぎよく止めるか、または一定期間中止するといった方法を採るようにしましょう。

 

このようにギャンブルで作ってしまった借金を返済するには、弁護士に相談する事がとても大切です。ギャンブルで作ってしまった借金問題でも、しっかりと解決することができるので、まずは弁護士に相談しましょう。

 

インターネットなどで弁護士を探す人が多いと思いますが、その場合は借金無料電話相談借金無料相談弁護士無料相談などのキーワードで検索するようにしてください。

 

借金返済に関する情報を収集したい方はコチラのサイトからどうぞ。